赤ちゃんにあげるミネラルウォーターは水の成分に気をつけて!

福島第一原発の事故のあと、水道水にも不安を持つ方が増えました。
東京都の浄水場で放射能が検出され、幼児には水道水を控えるよう支持がでましたね。
そんなこともあって、ミネラルウォーターを赤ちゃんの湯冷ましやミルクを溶かす水として利用している母親が多くなりました。

でも、赤ちゃんにミネラルウォーターをあげても大丈夫なんでしょうか。

ミネラルウォーターと一言で言っても、種類がいろいろあります。
メーカーによって、随分なかに入っている成分が違うんですよ。

市販のペットボトルのミネラルウォーター、そのラベルをよくチェックしましょう。
主に、カルシウム、マグネシウム、ナトリウム、カリウムなどのミネラル分の量が表示されています。
その中でも、カルシウムとマグネシウムの量によって、硬水と軟水に別れます。
赤ちゃんにはミネラルをなるべく含まない軟水を選ばなくてはいけません。

なぜなら一見体によさそうなミネラルですが、赤ちゃんには負担になることもあるからです。
マグネシウムは特に注意が必要です。
マグネシムは体に吸収されにくいので、長い時間、体の中にとどまります。
しかも、大腸で水分の吸収を妨げるので、便の水分が多くなってしまいます。
そのため、下痢や腹痛をおこすのです。

粉ミルクのメーカー森永乳業は、ミルクを作る際、ミネラル含量の少ない軟水を使うよう支持しています。
粉ミルクにはすでにバランスよくミネラルが配合されています。
それをミネラルウォーターで溶かすと、ミネラルバランスは崩れ、しかも過剰摂取になってしまいます。
まだ内蔵が未熟な赤ちゃんには過剰なミネラルは負担になります。

外国産のミネラルウォーターはほとんどが硬水です。
しかも、無殺菌のものもあります。
大人には影響がなくても、赤ちゃんには危険なんですよ。

赤ちゃんにも安全な   ミネラルウォーターってどれ?

赤ちゃんのためのミネラルウォーターはウォーターサーバーを利用するのが賢い

赤ちゃんにミネラルウォーターを飲ませるなら、水の成分をチェックするのは重要だ、ということはすでに書きました。
でも、市販のペットボトルに入ったミネラルウォーターは安全なのでしょうか。

ペットボトルのミネラルウォーターは安全と思っている方は多いと思いますが、 もともとミネラルウォーターっていうのは嗜好品なんですね。
だから、安全基準は水道水の方が厳しいんです。

例えばヒ素の濃度は水道水の5倍まで認められているんです。
現在、ミネラルウォーターの安全性も問われてきているのですが、まだまだ規制が追いついていない状態です。

安心安全なお水を赤ちゃんに、とお考えならウォーターサーバーの導入を検討してください。

お水の成分がキチンと表示されています。
赤ちゃんにも飲ませられるかどうか、チェックできますね。
そもそも粉ミルクには十分なミネラルが含まれているので、お水からミネラルを摂取する必要はないです。
赤ちゃん用にミネラル分を取り除いたピュアウォーターというのもありますよ。

それから徹底的に安全管理がされているので安心です。

赤ちゃんには  ピュアウォーター?

アルピナウォーターの水はROろ過を使用!赤ちゃんにも安心

赤ちゃんの健康を考えるなら、ピュアウォーターを宅配してくれるアルピナウォーターがオススメです。

アルピナウォーターでは何重ものフィルターを使って、有害物質を徹底的に除去しています。
そのなかでも、注目はアメリカ航空宇宙局(NASA)で開発されたROシステムです。
これは福島第一原発の事故での放射能汚染水を浄化するのにも使用されたシステムなんです。
ROシステムでろ過された水は99.9%純水。
余分なミネラル分も取り除かれています。

ウォーターサーバーはサーバー自体が不衛生という人がいます。
たしかに、きちんとメンテナンスがされていないと雑菌が繁殖してしまったり、 お水の中のミネラル分が付着して味が変わることもあるそうです。

アルピナウォーターでは、ミネラル分自体を取り除いてしまっているので、 ミネラルをエサにして増える雑菌の心配がないんです。
定期的に無料のメンテナンスもあるのでさらに安心ですね。

人間にとって大事なお水。
まだ体が未熟な赤ちゃんのためにお水のことを真剣に考えてあげる必要があります

不純物を徹底的に除去!  ROろ過された水、アルピナウォーター

Copyright © 2015 赤ちゃん ミネラルウォーター· All Rights Reserved·