水を真空パックしてあると良い理由

水の真空パック

お水を真空パックしてあると、使い続けているうちに空気が入りにくくなっています。

お水が空気に触れないと何が良いのかといいますと、空気中の細菌などで水が汚染される心配がなくなり、常に安全で安心なお水を提供することが出来ます。

よく、ウォーターサーバーで水をだしたときに「ボコッ、ボコッ」という音がしますが、あの音は空気に触れている証拠なので雑菌も繁殖しやすいといわれています。

 

フレシャスには「安全の証明」の一般細菌試験検査適合の検査結果書が付いています。

一般細菌試験検査とは、厚生労働省が定めた検査基準ですので安全なことが保障されています。

 

 

真空パックのサーバーはここだけ  フレシャスってどんなサーバー?

水が真空パックで届くのはフレシャスだけ!

真空パックのフレシャス

現在のところウォーターサーバーの業者で真空パックを扱っているのはフレシャスだけです。

ほとんどの業者がPET素材で作成していますのでボトルタイプです。

ボトルタイプのものは回収にきてくれるまで置いておくスペースが必要になりますし、 使い捨てのものはゴミも大きくかさばるのでけっこう邪魔ですよね^^;

 

また、ウォーターサーバーの多くは水を上部に設置します。

10キロ以上あるものを女性やお年寄りが持ち上げてセットするのは非常に大変です。

重心も上の方にあるので地震などで転倒する可能性もあります。


その点フレシャスは、設置位置が下部なので転倒する危険性も少ないですし、台車でそのまま設置することも出来ます。

ですから、力がないお年寄りや女性の方でも簡単にお水を設置することが出来るんです。


容量も、ボトルのものは12リットルが一般的ですが、フレシャスは10リットルなので2kgですが軽いです。 2kgの重さってけっこう違いがあるので、セットしやすいのは大きな魅力ですね。

 

 

真空パックだからセットも楽!  ゴミの処理も楽チン♪

真空パックされたお水を提供している業者は、フレシャスだけです。 真空パックされたお水には、空気が入らないため、細菌がついて水を汚染することがありません。 一方、ボトルのお水では空気が入るので、細菌に汚染される可能性があります。 従って、真空パックされたお水を使ったほうが、安全と言えるのです。 さらにフレシャスのウォーターサーバーはお水の設置位置が下部なのでお年寄りや女性でも簡単に設置することが出来ます。

Copyright © 2013 水が真空パックされたウォーターサーバーが便利な理由· All Rights Reserved·